学校の先生がストライキ/今では考えられないこと

今思うと、私が小中学校の頃の日本は、日本人のほとんどが左翼化していたように思います。 ちょうど、昭和40年代です。 国労とか動労とかいう旧国鉄の労組によるストライキは日常茶飯事に行われていました。 とにかく、組織に反対することがまるでいいことのように美化されていた時代です。 朝日新聞は、その先頭に…

続きを読むread more

二人の銀座/歌謡曲が生活の中にあった時代

和泉雅子さんと山内賢さんによる 二人の銀座 です。 昭和41年(1966年)にリリーズされ大ヒット曲となったものです。 私がまだ小学生でしたが、今でもはっきりと憶えています。 ただザ・ベンチャーズ(アメリカ)のリリース曲だったとは知りませんでした。 このザ・ベンチャーズの曲に、永六輔さんが作詞したものだそ…

続きを読むread more

100円札があった

昭和40年代の始めまで、まだ100円札が流通していました。 100円には、100円札と100円硬貨の両方が流通していたのです。 伊藤博文の顔はいまでもはっきりと憶えています。 お年玉でもらったとき。 お札をもらうと、大金をもらったようですごくうれしかったのを憶えています。 この他に、当時は、…

続きを読むread more

批判的な意見がえらいように思われた時代

昭和40年代後半から50年代になると、政治や著名人等々、ある程度社会的に上に立つ立場の人たちや、過去の日本の行ったことに対して、批判的な意見を言うことがまるで正義の味方であり、高尚な知識人であるかのような風潮が吹き荒れました。 その先頭に立っていたのが、マスコミです。 朝日新聞は、その代表格だったと思っています。 …

続きを読むread more